費用

費用

<料金について>

・法律相談料金

初回1時間以内 5000円(税別) 以降30分5000円(税別)

収入の状況によって,国の機関が法律相談料金を援助する制度をご利用いただける場合があります。

交通事故の場合,ご自身の保険の特約をご利用いただける場合があります。

・着手金

弁護士が代理人としてご依頼の案件に取り組むにあたり最初にいただく料金です。結果と関係なく契約時に必要となる料金です。経済的利益の規模,予想される業務量,事案の難易度などを総合的に考慮します。

・報酬金

ご依頼の案件が解決した時に,弁護士が行った業務の結果・成果に応じていただく料金です。基本的には,経済的利益の規模や業務内容を総合的に考慮します。


<着手金と報酬金の目安>

あくまで目安です。ご依頼を検討いただく際には個別のご事情を勘案し,金額やお支払方法含めてご相談の上,御見積申し上げます。

 一般的な金銭請求(損害賠償,慰謝料,貸金,売買代金,請負代金,残業代など請求金額が500万円を超えないような場合)

 ・着手金 請求金額の8パーセント~10パーセント

 ・報酬金 請求金額の16パーセント~20パーセント

 ※着手金の下限は10万円です。

 離婚

 ・着手金 30万円~50万円

 ・報酬金 30万円~50万円

 ※親権争いが含まれる場合や財産給付が生じる場合には加算が生じる場合があります。

 ※島原以外の裁判所になる場合や1年以上の長期間に及ぶこと場合は日当が生じる場合があります。

 破産

 ・個人 30万円~

 ・法人 50万円~

 ※弁護士費用とは別に裁判所への予納金(手数料)が生じます。

 過払金請求

 ・着手金 3万円~

 ・報酬金 回収金額の20パーセント

 ※着手金は,回収金から後払い可能な場合があります。

 相続(遺産分割)

 ・着手金 遺産の法定相続分の8パーセント~10パーセント

 ・報酬金 取得総額の16パーセント~20パーセント

 ※着手金の下限は30万円です。

 ※島原以外の裁判所になる場合や1年以上の長期間に及ぶ場合は日当が生じる場合があります。

 非金銭請求(不動産関係,地位確認,クレーム対応等)

 ・着手金 30万円~

 ・報酬金 30万円~

 契約書作成・レビュー

  5万円~(内容,分量,取引金額,定型・非定型等に応じて)

 内容証明郵便作成

  3万円~(内容,分量等に応じて。郵便実費別途)

 刑事事件

 ・着手金 30万円~

 ・報酬金 30万円~

 ※裁判員裁判対象事件の着手金の下限は100万円です。

PAGE TOP